須崎市ニュース

下の画像の中3の相似比面積比で根本原理イマイチ理解出来ま

△ABCの面積は1/2ab又は1/2chです。中2の女子 下の画像の中3の相似比面積比で根本原理イマイチ理解出来ません

(1)のab=chいうの、主語か
内容載ってるページの概要「相似比面積比」書 いて

なので、(1)の主語【面積】って事か
ab=chいうの、面積の比の事言っている捉てよいのかね

宜くお願います(ノ_<)下の画像の中3の相似比面積比で根本原理イマイチ理解出来ませんの画像。最重要。第回では。面積比の問題を解くために必要な図形の“型”を整理していきます。
前回解説した通り。頭の中で“型”がしっかり整理されていないと。問題を解こうと
した時にどう

△ABCの面積は1/2ab又は1/2chです。ab=chは面積を表していないから、面積が主語は変です。また面積の比でもないです。abとchは△ABCの面積を求める際の1/2以外の部分だから、同じ数字です。これは左上のタイトル「直角三角形+垂線の公式」とあるように、直角三角形と垂線が図のような場合はab=chになりますと単に書いてあるだけと思います。まー黄色=イエローと書いてるようなものかな。これに主語がどうこうは考えないはずです。この場合の⑴に関して主語は面積で良いと思います。もう少し砕いて考えると「三角形ABCの面積をaとbで考えた時はa×b×1/2cとhで考えた時はc×h×1/2両方は同じだけど1/2は省略できるから」→ ab=chとの考えが正確な主語として考える事ができるのかと思います。公式とは?○○っていう場合があったら必ず××っていうことが言えるよね?っていうものです。そして××は問題を解くことを簡単にしてくれるものだと捉えていいです。つまり1とは、直角三角形の場合必ずab=chになるよ、と言ってるだけのものです。どうしてそうなるかは説明する必要もないと思いますが、三角形ABCの面積=1/2ab=1/2ch、それぞれに2をかけてab=chとなるからです。主語という言葉が何を指しているのかわからなかったので、もしかしたら質問者様の意図とは異なる回答になってしまったかもしれませんが、参考になれば幸いです^ ^この図から、三角形ABC∽三角形HBA∽三角形ACHです。三角形ABCの∠BACと三角形HBAの∠AHBが対応、また三角形HACの∠AHCが対応します。 相似比は通常長さの比を示し面積比は相似比?長さの比に2乗になります。1㎝:1㎝:√2㎝は{1/2?}???①2㎝:2㎝:2√2㎝は{2}????② 相似比は?の2倍、面積比は4倍ゆえ?と②相似比長さの比が2倍ゆえ1/2?4=2?になる。不明な点は、お聞きください。⑴については、△ABCの面積底辺×たかさ÷2でa×b÷2=c×h÷2からab=chですね。「主語」というのが何を言いたいのかよくわかりませんが…1は、この三角形の面積を考えたとき、ACを底辺、ABを高さと考えると、面積は1/2abで表せるBCを底辺、AHを高さと考えると、面積は1/2chで表せるよって、1/2ab=1/2chなので、ab=chとなります

Posted 2021年2月28日 in: サークル by yphkcmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です