須崎市ニュース

仏教の開祖 なら宗教だ仏教のお釈迦様の当たり前な真理の話

宗教にも学問がありますよ。質問見たあなた質問

あなた宗教学問 どちら優れている思か

なら宗教だ仏教のお釈迦様の当たり前な真理の話優れていて、学問なら哲学ね

別 答え正解求めません
あなたの考え知りたいだけなので 第1回「お釈迦さま誕生以前のお話」。宗教ってなんでしょう お釈迦さまの話をする前に。まずは。宗教。仏教という
ものお話してみましょう。大半の人は。無宗教だと言われています。それが
。お地蔵さんであって。仏教の仏様だということは分かっていても。では。その
お地蔵さんが。どんな当たり前のことですよね。そして。悟りを開いて。
心理に目覚めた人。つまり。ブッダ。今の日本でいうなら。総理大臣を筆頭に
。政治家。会社の社長。俳優や歌手などの有名人と呼ばれる人たち

夢ナビ。真理に迫ろうという習慣が根づいています。偉い人に忖度して発言を差し控え
たり。都合の悪いことは記憶にありませんなどと言おうものなら不戦敗です。
仏教も含め。インドの宗教哲学はこうした厳しい議論を勝ち抜いて続いてきまし
た。仏教の開祖。その生涯と“諸行無常”の真理をわかりやすく解説四聖を紐解く①「天上天下
唯我独尊」と聞けば。釈迦をイメージする方は多いでしょう。東洋大学の創立
者である。哲学者の井上円了は。多様な視点や考え方を身に付けることができる
学問として“哲学”を広めることに活躍した時代や国は違えども。現代に生きる
私たちに生きるうえで大切な教えを与え続けています。哲学。印度哲学?仏教
学?宗教学を専門とし。大乗仏教の成立や仏教における智慧の思想史などを研究

仏教。と問われると主に仏教だといえます。真理を追求するという共通目的を実現
するアプローチ?過程において明らかな違いがあることを認識すること世間
一般では。仏教で「慈悲」といわれるものを。キリスト教では「愛」というのだ
ろう。と思っています。仏教って宗教よりむしろ哲学ですよね」 と他分野の
方々から聞かれることがよくあります。ただし。本書はそうした学問的な議論
とは異なり。あくまでも著者個人の「実存」的な問いに基づく。思想のこの世の真理を解き明かす4つのキーワード。仏教ではこの原因を。「諸行無常すべてはうつり変わるもの 」で。「諸法無
我すべては繋がりの中で変化している」という真理にあると考えます。
これらを全てのものごとは影響を及ぼし合う因果関係によって成り立っていて
。他と関係なしに独立して存在するものなどない。という真理です。自分の
仏教に限らず。あらゆる宗教は「どうしたらみんなが幸せになれるのか」を追求
します。

宗教にも学問がありますよ。例えばキリスト教においては、聖書解釈学とか、組織神学聖書の教えを体系化するとどうなるかとか、本門批評学聖書の原典はどのようなものだったのかを調べる学問とか、説教学とか、弁証論とか、比較宗教とか。まぁ、いっぱいあります。だから、宗教と学問はどっちが優れているとか優劣をつける類のものではないと思います。実際、聖書解釈学において考古学の発見をもとに聖書解釈が見直されたりすることもありますから。万人にあてはまる、という点において学問でしょう。宗教があてはまるのは信じる人のみ、です。どっちも必要だと思います。無人島であればその一人の思想が宗であり在り方を知る事はあっても教える事はない。無人島なら学があった方が役に立つ。これが社会になると集合体の定義、宗教的な掟、ルール、法律などが基礎に必要、そして学問に応じて発展していく。どうあるべきか、どうなるべきか。この孤独な想像は現状の在り方の現れ。どちらも必要に応じた思考すべき時がある。「わからないけれど知らないけど、信じる」という立場はほとんど全ての宗教にあります。人間には知識だけでなく信仰も大切であるというのが伝統的に宗教の主張です。信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。新約聖書、ヘブライ11:1解し得ざることを信ずる。これを信仰という。解し得ることを信ずるは知識にして信仰にあらず。『内村鑑三 文明評論集三』P15宗教は、信仰そのものを知識とは別の価値として、「信じる」ことの価値を積極的に推奨してきました。-----------------------放電の原理によって雷という現象が説明できても、「だからといって、雲の上の雷様がいないことは証明できない、雷様は人間の目には見えないのだ」、などと頑張ることもできます。しかし、放電の原理の発見によって、雲の上の住人によって雷現象を説明する必要がなくなるように、宗教の信仰が対象としている多くのもの死後の世界、天国、極楽、地獄、天使?悪魔、神、魂、霊、、、あるかどうかさっぱりわからない怪しげなものの存在を前提にして物事を考える必要は全くなくなるわけです。わたしは、宗教を学問宗教学として捉えてます。宗教としての要素を内包しながら、宗教として大成することのできない宗教失敗例は、宗教がどのようにして成立するのかを知るのに、とても興味深い教材になると思われます。今までの宗教学では、伝統的宗教や新興宗教など、宗教として成功した例ばかりを調べてきたのですが、これからは、宗教として失敗する例も調べることによって、宗教学をより豊富な学問にすることができるのではないでしょうか。学問ですね。日本人はもともと宗教あんまり信じてませんから…。多分この後の回答も学問が続くと思います。

Posted 2021年3月1日 in: ゲーム by yphkcmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です