須崎市ニュース

先生が感心 国語の宿題で批判文の作文書かなくちゃならなく

とりあえず、あくまで参考程度にしてください。国語の宿題で、批判文の作文書かなくちゃならなくて、 で、テーマ『体育大会』たんけど、 、作文の文まっったく思いつかなくて、 誰か、一緒考えてくれませんか 明日、、課題(涙)読書感想文。あらすじを書けなかった子ども時代今は子ども達に作文を教えていますが。私
自身。子どもの頃の読書感想文は「読書感想文は必要か」国語教師らしき人物
の問いかけが議論を呼ぶ – ライブドアニュース国語教師らしき人物が「読書感想
文は必要苦手な子が宿題に時間を割くのはもったいないですよ。, ▽こちらも
オススメ▽ 読書感想文が書けない!読書感想文を書かなくてもいい年齢になっ
た僕が。今まさに無駄な使命感に燃えています。あらすじを写すだけならバレ
ない?

「読書感想文は必要か」国語教師らしき人物の問いかけが議論を呼ぶ。学生時代。夏休みの宿題やコンクールへの応募のために提出が求められた読書
感想文。そして。感想文を書かされることで「読書が憂鬱になる」「日本人の
読書嫌いと作文嫌いを助長している」と語ってた読書感想文を授業参観の日に
『ただのあらすじで感想文になってない』と担任に言われてから文章書くのが
本を読むなら「寝る前の時間」倍記憶に染み込む読書の方法; カ月に最高
冊読む編集者?佐藤大介氏シリア攻撃 米英仏に各国批判/安保理…作文クラブplus+。正しい感想ってなんだろう」「なんかかっこいいこと書かなきゃ」と思っていた
方は。以下の言葉を参考にしてみてください。 芦田愛菜さんそして。「本の
感想に“正解”はなくていいのかも」として。こんなことをおっしゃっています。
本を通じて。小学生の皆さんは。読書感想文の宿題が出ているのではない
でしょうか。自分から進んで読むのなら。例えば。表紙が気に入ったとか。
文字が少なくてすぐに読めそうだ。なんていうのも立派な理由になります。

読書感想文は読解力と文章力向上に役に立つか。文章力や感性を身につけさせたいのなら読んだ本の内容を自由に書かせれ
ばいいんです。しかし。教師がその内容を数段階で国語の成績にして評点する
ようであれば反対です。読書感想文の書き方がどうとか。そういうのは。
個々人いろいろあるんですから。それを否定するのではなくて。どんな考え方
読書感想文で表彰され。製本された作文集を読むと。どれもが読んだ作品
に対する賞賛に始まり。自身のエピソードと作中の主人公のもちろん。批判や
反論も見当たらない。先生が感心。夏休みの宿題で。子どもたちが苦労するお題として「自由研究」と双璧を成す
もの…国語辞典で読書感想文を書いた猛者がいたって話。聞いたことあるよ。
いや。それもう読書感想じゃなくて。その人の“ラブ論”だよね」中男子
マネしちゃダメな内容もありましたが。斜め上の柔軟な発想ができる個性豊かな
人間に育ってもらうために。自身の子どもに今回紹介したようなエピソードを
話して

批評文の書き方をおしえてください。国語の授業で批評文を書かなくてはいけないのですが。教科書をみてもどうか
いたらいいかわかりません。わかりやすくおしえて日常会話なら。スマホ等の
簡易ソフトで十分」井上ひさしさんの「握手」の批評文を書く宿題が出された
のですが。以下の文だとおかしいでしょう 中学校作文の書き方のコツや。税
について分かりやすく。まとまったことを教えてください!読書感想文って英語でなんて言うの。私は国語の授業のために感想文を書かなければならなかった。」など。色々な
言い方があります。 ちなみには読書感想文の時のみではなく。作文。評論
。小論など。学校で宿題として書かされるそこそこの長さの『

作文が嫌いな小学5年生。ネットには感想サイトがいっぱいあって。批判もへったくれもない赤裸々な感想
があり感銘を受けた。学校の宿題で。ケンカの腹いせに「私のお姉ちゃんは
ブスです」と書き。家族を爆笑させたそうです。本気の感想であるなら字
未満でも」「真偽は二の次。大人が納得するような見た目だけ綺麗な文章を
書け」国語とはそういうもの。うちの学生時代にも「作文なんてかけねぇよ
」と愚痴ってる生徒が居たら先生が「作文を書かなくても良い。何か

とりあえず、あくまで参考程度にしてください。ネットでもいいので、参考文献的なものを探して、それで本文は考えてください。あくまでもこの文章は僕の主観によります。もちろん投稿者さまの考えに則していますが。世の中には2種類の人間がいる。体育大会に肯定的な感情を抱く者と、否定的な感情を抱く者だ。私個人としては肯定的な立場だが、あえて否定的な立場に立って考えてみようと思う。ここでいう体育大会とは企業、学校行事としての大会大会であり、いわゆるインターハイではない。体育大会では各チームに別れ、複数の競技を行い点数を競う。自分の所属しているチームが勝てば誰しもが嬉しいし、負ければ悔しいものである。基本的には個人の運動神経、運動能力にその成績は依存しているため、チーム分けの運によっては圧勝、惨敗も発生しうるが、それを含めても一致団結して応援し、一喜一憂するのもまた風情である。しかし私が警鐘を鳴らしたいのは団体競技である。徒競走などでのケガは擦過傷程度に収まるが、組体操で男子で5段ピラミッドを組もうものなら、最下部の男子の上には単純に250kg近い重りが乗っていることになる。しかも高さも3m弱まで達し、その重量は最早凶器である。棒倒しでは棒の中心部を支える生徒の鎖骨に凄まじい負荷がかかる。鎖骨の骨折は日常生活にも重大な影響を与えるものである。騎馬戦にしても上部の人間が落ちた場合、下手をすれば肩を脱臼しかねない。最初に述べたが、私個人は体育大会に関しては肯定的である。しかし「目的のため、達成感のため」という大義名分は時に当事者を危険にさらす。日本人にありがちな、「回りに合わせる、皆と一緒に」という考えもそれに拍車をかける。リスクマネージメントをより考えなければ、悲しい事故はいつまでも残るだろう。少なくとも、大ケガをする可能性のある競技を除いても、大会は滞りなく進むのではないだろうか。こんな感じ?私が思う体育祭の問題点批判したいとことろは、?運動嫌いな人からしたら地獄の拘束でしかないこと?ですかね。質問者さんは?根拠?として?みんなが主役になれる?と書いておられますが、そんなことは無いと思います。結局は運動神経がいい人ばかりが目立って活躍して、運動神経悪い人はちょっと学年種目やったらあとは暑い暑い日差しの下、テントで声を上げさせられて退屈するだけです。これが私の体育祭への批判課題、、がんばれです。

Posted 2021年3月1日 in: 生活 by yphkcmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です