須崎市ニュース

犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明 さらビック

14歳以上の殺人は原則、刑事裁判に送検され成人と同じ刑法で裁かれます。中学生女性殺た事件ついて ?更生施設元々罪犯てる ?女児ナイフで押さえつける ?女性刃物で複数回刺て殺す ?銃刀法違反 ?目的「わいせつ」、精神の異常特な らの罪犯ていて少年法よって守られるのでょうか なぜ人殺少年法存在するのでょうかね さらビックリたの被害者だけ顔写真出て中学生やり顔だされないこ さらビックリたの被害者だけ顔写真出て中学生やり顔だされないこの画像。犯罪被害者のプライバシー尊重を求める会長声明。ご遺体の身元が明らかになると。被害者の氏名はもとより。被害者やそのご遺族
以下「被害者等」という。現在。殺人事件が発生するなどした場合。被害者
の氏名等が報道機関によって報道されるが。これにより。被害者等は被害にあっ
た事実だけで世間の耳目を集める事件であればあるほど。被害者の実名や顔
写真を報道する理由や必要性について。しかしながら。 被害者等にもみだりに
個人的な情報を白日の下にさらされないプライバシー権が保障されて

座間市。座間遺体事件については。神奈川県警のミスが目立ちます。人目の犠牲者で
ある三浦瑞希は。白石隆浩に携帯電話を片瀬江ノ島駅周辺のトイレで捨て白石
隆浩は殺害した後に犠牲者が所持してたお金を奪っているので。強盗殺人に問
われています。現在犯人の白石隆浩は逮捕され。被害者人全員に対しての
殺人行為が立件され。起訴されています。新潟小殺人事件の犯人の家族&
経歴や前科まとめ顔写真あり, 神戸高塚高校校門圧死事件の犯人?細井敏彦
教師の現在!

14歳以上の殺人は原則、刑事裁判に送検され成人と同じ刑法で裁かれます。少年でも14歳以上で執行猶予にならない懲役3年以上の凶悪な犯罪は検察に送検され地方裁判所の刑事裁判となり少年刑務所又は女子刑務所成人と同じで刑罰を受けます。但、国際法で17歳以下の少年は死刑が禁止されているので無期懲役になる。18歳以上は山口母子殺人の大月孝行18歳や石巻3人殺傷事件の千葉祐太郎18歳の様に他人を私欲で2人以上殺せば少年法があっても死刑。 少年法は戦前の大正11年からありました。戦後ではない。第一次世界大戦の教訓から、1919年のドイツとのヴェルサイユ条約、および中央同盟国との諸講和条約により発足した国際連盟によるものです。現在の少年法は日本が戦後の国際連合に加盟する為にアメリカ占領軍GHQの指導のもとに作られた。 国際法の基準は戦時法や植民地法です。少年兵のハーグ陸戦条約、いわゆるB級戦犯の対処法によって作られた。ナチスSS少年隊、沖縄鉄血勤皇少年隊、カンボジア大虐殺のクメール?ルージュ少年兵、イスラム教少年自爆テロ????。これら少年兵達が捕虜虐殺や民間人虐殺やテロなど戦争犯罪を行うのは国家、民族、宗教などの教育方針にある。よってナチスSS少年隊や沖縄鉄血少年隊、クメール?ルージュ少年兵などを国際軍事裁判所でBC級戦犯で裁く事を免除した。捕虜虐殺、民間人虐殺やテロが悪いとまともな教育を受けていれば少年達は戦争犯罪など起こしませんでした。東大京大進学率のいい学校の生徒は凶悪犯罪など起こしません。凶悪犯罪を起こす少年の多くはDVや虐待家庭や母子家庭など貧困少年です。一部、人付き合いや挫折のストレスなどで猟奇的な殺人の少年もいます。それに関して父親が仕事人間で子供の教育の無関心な家庭です。つまり少年が凶悪事件を犯すのは大人や社会の教育行政の責任です。少なくとも教育貧困による格差解消は国や社会の責任です。落ちこぼれた少年たちを死刑にして大人たちの責任が間逃れる訳ではない。北海道の母?祖母殺害、高2少女を医療少年院送致 家裁北海道南幌町で昨年10月、自宅で母親当時47と祖母同71を刺殺したとして高校2年の三女17が逮捕された事件で、札幌家裁栗原壮太裁判長は21日、殺人の非行内容で家裁送致された三女を医療少年院送致とする保護処分を決定した。三女の責任能力や事件の計画性を認めたうえで、祖母や母親による虐待が動機に影響していると結論づけた。同日、記者会見した付添人の弁護士は、三女は肉体的、精神的な虐待を受け続け、睡眠障害など心的外傷後ストレス障害PTSDを発症していたと、少年審判で認定されたことを明らかにした。付近の住民らによると、三女は庭の草むしりや早朝の雪かきをよくさせられていた。冬に庭に立たされてホースで水をかけられ、小麦粉に青汁の粉を混ぜて焼いただけの食事を与えられることもあったという。こちらは刑事裁判で裁判員裁判ですが、強盗殺人2人以上なので検察は刑法どうり死刑無期減刑の求刑に対して、一般市民の裁判員が懲役15年に減刑した判決です。埼玉?祖父母強殺:被告少年は「居所不明児」 無援の年月 / 裁判長「大人は助けられなかったのか」裁判長「大人は助けられなかったのか」両事件とも長年、少年が虐待されていた事を周りの大人、学校、行政、警察までも知っていました。しかし、殺人事件を犯すまで周りの大人は何もしなかった。社会が虐待を放置していた少年を厳罰するだけが本当の社会正義なのか?川﨑事件の主犯の少年も一般市民から選ばれた裁判員達が、少年の父親の長年に渡る暴行や虐待を指摘して減刑しています。大津いじめ事件の加害少年は山口組淡海一家若頭補佐山田組長の息子。息子がいじめで補導される前に父親が傷害事件で逮捕されています。つまり殺人など凶悪犯罪を犯す少年の多くは実の親から暴力は正義だと教育されているのです。日本では親が暴力団や過激派、虐待、母子家庭でも親が子供を育てる物とされています。まともに教育出来ない親が増えその親に育てられる教育環境も考えない。どこの保護施設から逃げたかも報道されないね。

Posted 2021年3月1日 in: 恋愛 by yphkcmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です