須崎市ニュース

Untitled オウム真理教って宗教団体のふりたテロ組

はい。オウム真理教って宗教団体のふりたテロ組織か マインドコントロールの罠:オウム事件死刑執行から碓井真史。オウム真理教の松本死刑囚ら人の死刑が執行されました。法的には。事実が解明
され。刑が確定し執行されたわけですが。社会的心理学的には。未解明の部分も
多いでしょう。 私達は。この事件から学び。カルト団体の洗脳Untitled。オウム真理教の事件は全社会を震撼させたが, とりわけ日本の宗教学者は筆者
は, 宗教学内外から出されたオウム論を分析し,事件以前と以降において,って,
宗教の「独特な世界観?価値観」を示す点が宗教を知的?精神的側面例をなお
抑圧とみなし,解放を試みる活動家でも,西洋近代に由来する人権擁護の大義をふり

オウム真理教の危険性。は。麻原彰晃こと松本智津夫が教祖?創始者として設立した宗教団体で。かつて
。同人の指示のもと。宗教法人を隠れ蓑にしながら武装化を図り。松本サリン
事件。地下鉄サリン事件等数々の凶悪事件を引き起こしました。 平成オウム真理教施設に対する立入検査の実施について。オウム真理教施設に対する立入検査の実施について 公安調査庁は,本日,団体
規制法に基づき,警視庁を始め,各府県警察の支援?協力を得て,全国のオウム
真理教施設15か所に対して立入検査を実施しました。 オウム真理教
につきまして未曾有のテロ。未曾有のテロ オウム真理教事件の爪痕 オウム真理教は。昭和年に麻原彰晃
こと松本智津夫平成8年6月以降。「開祖」と称しています。が発足させた
ヨガ?サークル「オウム神仙の会」を母体とする宗教団体です。昭和年に現在

オウム真理教。その後,年平成年月施行の衆議院議員総選挙に落選したことなどを
契機に教団の武装化を進め,松本サリン事件,地下鉄サリン事件などを
引き起こし,年平成年月に殺人及び殺人未遂容疑で逮捕された。
その後起訴された

はい。宗教団体と言うかテロ集団、詐欺集団です。オウムの殺人事件に関与した信者は、「生かしておくと悪行を積み、地獄へ落ちてしまう人はポアした方がいい」という麻原彰晃教祖に従っていた、このの殺人命令をシヴァ神の命令である、と弟子達に伝えていた、と証言しています。オウムは神が現代でも殺人を命令することを示しました。麻原はオウムの殺人をシヴァ神の命令としていたからです。林郁夫の手記「オウムと私」『文芸春秋』によると、「ポア」の命令を受けた時、それが「人殺し」であるために、「本能的に嫌がった」と記しています。それでも、「最終解脱者である麻原の宗教性を疑っていないので」、つまり、信仰者であるために、麻原の殺人命令を正当化せざるをえなかったのです。旧約聖書の神はモーセとヨシュアに殺人と略奪を命令し、彼らはその命令に従順にしたがって、殺人と略奪を行っています。新約聖書「ヨハネの黙示録」の神は天使たちに殺人を命令して行き天使たちはそれを遂行して行きます。そして<未来のキリスト>は、人々を、剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。自分たちの教えに反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とする考えは、新約聖書キリスト教の教えそのものです。新約聖書の教えにそのまま盲目的に従えば、自分の生き方をキリストの生き方と同一視する者が、自ら武器をもって、自分の教えを信じない者たちを大量殺人最終戦争で処理しようとしても、なんの不思議もありません。キリスト教信仰者はモーセの殺人命令を正義だと言いますし、「ヨハネの黙示録」についても神に反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とします。ただ今は自分たちは直接手を下さない主義になっていますなぜ、信仰者は、自分の良心に逆らってまでも殺人を正当化せねばならないのでしょうか。それは、信仰者にとって、善悪の基準が先にあって、その規準に従って神があるのではなく、むしろ、神が先にあって、その神の命令が善悪の基準となるからです。従って、信仰者にとって、神の殺人命令が善となるのは論理的必然なのです。神の殺人命令は直接来るのではなく、モーセや麻原のような人間を通してやってきます。もっと正確に言えば、モーセや麻原は、彼らの殺人計画を、「これは神の命令である!」、と権威づけて、彼らの追従者に半ば強制したのです。神は完全な沈黙者です。神の命令として耳に実際に入ってくるものは例外なく、神の言葉の代弁者、聖書の著者や宗教の聖職者や神学者や教祖や、あるいは、これが神の言葉だと思い込む自分自身、すなわち、全て人間からやって来ます。はい、仏教を名乗っていますが、全然、仏教の教えを守ってないし、麻原に都合よく歪めた内容ばかりです。そもそも、麻原は「宗教って儲かるんですか?」って知人に質問して、「めっちゃ儲かる」って言われたから宗教法人作ったんです。信仰なんかどうでも良くて、金が目的です。テロ組織というより、悪魔の組織です。聖書が語るサタンや悪霊は本当に存在します。イエスを救い主と信じ、聖書を神の言葉として語る教会は本物の神の教えですが、それから外れると悪霊の影響を受けて悪の組織になっていきます。だから、その証拠に麻原と関わった弁護士や刑務所の職員、面談した人などはその後に体調不良になる人が多いのです。不思議な事に麻原と接触した人は体調不良になるのです。世間では偶然とされるかもしれませんが、聖書と照らし合わせても絶対に偶然ではあり得ません。ああいう悪しき性質を持った人間だから悪霊の影響を受けやすいし、どんどん悪に染まっていくのです。キリスト教の教会でも、中世ヨーロッパではカトリックはサタンに乗っ取られた経緯があるし、その他にもにせものの教えを語る教会がたくさんあります。プロテスタント教会はきちんと聖書通りに教えているから大丈夫ですし、他にも聖書を神の言葉として信じて、神に立ち返ることを教えるまともな宗派もあると思います。もし、オウムやそのほかの悪しき宗教と関わって呪いを受けたり悪霊との契約を結んでしまった場合は、救い主であるイエス?キリストの御名で神に祈り、それらを断ち切る祈りをすればいいのです。本気で神に立ち返り、イエスの御名で祈れば悪しき集団や呪い、悪霊との契約から縁を切ることができます。本人たちはテロをやってる意識がないのでタチが悪いです。彼らはそれが人類救済だと本気で思い込んでいましたから、カルト集団ですね。そうです。日本の既存政党に所属する公明党、その母体となっている創価学会も同じような危険なカルト宗教団体です。

Posted 2021年2月28日 in: 文学 by yphkcmj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です